子供と一緒に

梅雨のお供にボードゲーム買ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最近流行りなのかな?「ガキ使」や「ぷっすま」で見て色々と気になっていたんですが、所用で大須に行った際に買ってみました♪

テレビやネットを見ていると欲しいゲームは沢山出てくるわけですが、今回は手軽に子供と遊べるものをチョイスしたつもり。

欲を言えば小学一年生の一学期から既に「僕は算数が嫌い!」と言い放つ次男が少しでも楽しく数字に触れることが出来ればいいなぁと思いながらも、いきなり数字を多用するゲームだと挫けそうなので超簡単な駆け引きを楽しめるものにしました。

なのでボードゲームと言えどカードしか使わないようなものが多いです

買ったのはこちら

感想

ゴキブリポーカー

箱の絵を見て子供たちが一番最初に開封してプレイしました。

嘘と本当を混ぜてカードを押し付けあうゲームなんですが、二回目のプレイぐらいから兄弟でアイコンタクトを取り、父を一斉攻撃したりたのしそう。

父は子供の考えなんて余裕で読めるだろうと思っていたら案外分からず…負けが込んでいます><

深く考えても考えなくても適当にゲームは進むし、気楽に遊べるのがイイですね!

ナンジャモンジャ ミドリ

二番目に開封したのはこちら

山札からカードをめくり、初出のキャラならそのキャラに名前を付け、既出キャラなら付けられた名前を早く言った人がカードを貰えるというシンプルなルール。

最初は絵柄から連想できる簡単な名前を付けて父が圧勝していたんですが、段々と連想しにくかったり父の覚えにくいポケモンなどの名前を付けるようになり苦戦しています。

何回もゲームを繰り返すと前のゲーム時の名前を叫んでしまったり、名付けた本人ですら名前を忘れて誰も答えられない回も出てきて爆笑しながら楽しんでいます。

街コロ

ごめんなさい未プレイです。

一回のゲームに掛かる時間が上の二つより少し長そうなので二の足を踏んでいます。

次男は興味ありそうなので早めにプレイしたいです

慣れたらボードや駒を大規模に使うようなゲームにもチャレンジしたいですね^^

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*

CAPTCHA